経営方針

 弊社は平成9年に京浜島に移転し、汚泥、燃え殻、ばいじん等の保管積替及び海上陸上輸送と、リサイクルの優等生と言われているコンクリート塊の再生砕石事業を営んでおります。再生砕石にも用途に限界がみえてきました。是非とも建設発生土と同じように広域利用を容認いただき、国の内外を問わず1500トンの船舶を駆使して、地球温暖化で水没の危機に瀕している海抜ゼロメートル地域の護岸工事等に利用されることを切望しています。

  地球資源の枯渇、環境の悪化は「待ったなし」です。是非弊社の製品とリサイクルポート機能を活用して下さるようお願い申し上げます。

  東京港の出島に生きる桟橋併設の再資源化工場としてCO2削減を追い風に帆を脹らませ、モーダルシフトで環境の改善にお役に立てると信じております。


代表取締役社長 吉本花子